美容健康にいい成分たっぷりの緑黄色野菜を紹介します。

ビタミンE~野菜に含まれる栄養素~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
a1020_000224

ビタミンEはビタミンCとは違い、水には溶けません。脂に溶けます。これはビタミンAと同じですね。

ビタミンEの効果としてあげられるのが、抗酸化作用です。体を健康に保つことに効果があります。

ほかにはコレステロールが血管に張り付くのを防ぐ力があります。これによって動脈硬化を防ぎ、血管を望ましい状態にします。それのみならず、コレステロールそのものの値を低下させる作用もあるのです。そのほかにも、末端の血管を正常に保ち、血流をよくする効果があります。

ビタミンは、ビタミンEに限らず、ガン予防にもとても効果的です。ビタミンEが働きかけるガンは、胃ガンや前立腺ガンなどです。

このように考えていくと、ビタミンEは、「成人病や生活習慣病の予防に効果的なビタミンである」ということがわかります。

尚、ビタミンEとビタミンCは、抗酸化作用を含め、共通する部分が多数あります。しかしこの二つを同時に取り入れると体内で喧嘩する、というわけではなく、共存し、お互いの働きを高めてくれます。

ビタミンEを過剰摂取しても、副作用はほとんどありません。ただし、摂ったら摂った分だけコレステロール値が下がる、ということはありません。

ビタミンEが少なくなると溶血性貧血が起こりますが、このリスクは非常に少ないです。

「ビタミン」というと、野菜や果物のイメージが強いです。もちろんこれらにも含まれていますが、ビタミンEの含有量ランキングは、1位はあんこうの肝、2位はすじこ、3位はキャビアと海鮮系が独占しています。

ただしこれらは非常に高価。野菜なら手軽な金額で取り入れることができます。野菜や果物のランキングだと、1位がモロヘイヤ、2位が大根、3位がカボチャとなります。

関連記事

コメントは利用できません。