美容健康にいい成分たっぷりの緑黄色野菜を紹介します。

ビタミンB~野菜に含まれる栄養素~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
a0002_011941

ビタミンBには、実はさまざまな種類があります。

大きく分けて

・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンB12

ほかにも、ナイアシンやパントテン酸、葉酸やビオチンなどもビタミンB群に分類されます。

ここでは、ビタミンB1とビタミンB2以外のものはすべて「ビタミンB群」として紹介したいと思います。

ビタミンB1ですが、これは炭水化物の代謝に役立ちます。ダイエットなどにも効果的ですね。脳の働きを正常にし、筋肉を健康な状態にします。

ビタミンB1が炭水化物の代謝にかかわるものなら、ビタミンB2は脂質の代謝にかかわるものです。成長ビタミンとしても有名であり、粘膜の強化に役立ちます。新陳代謝を活性化させるのも、このビタミンB2です。

ほかのビタミンB群ですが、それぞれ「たんぱく質の代謝や歯や爪の形成」「血の生成」「皮膚の保持」「エネルギーを作り出すこと」「胎児の先天性リスクの回避」「糖尿病の予防」などに効果を示します。

ビタミンB1が足りなくなると、手足のしびれがおきます。まだビタミンB1という認識がなかった平安時代、上流階級に脚気(ビタミンB1の不足によっておきる)が流行り、明治時代にも大流行しました。

今は絶滅したと思われている脚気ですが、ファーストフードの導入などにより、今も一定数見られます。脚気になると、循環器に異常をきたし、新肥大を引き起こす危険性すらあります。

ビタミンB2の不足によって起こるのは、粘膜部分の炎症です。「成長ビタミン」の名前からもわかるとおり、成長期にビタミンB2不足に陥ると、健康な成長が阻害される危険性があります。

ビタミンB群の欠乏により起こる症状としては、「皮膚炎」「神経痛や貧血」「胃腸に異常が起きる」「免疫力が低下し、病気になりやすくなる」「胎児に神経管血管症が起こる可能性が高まる」「関節炎」などが考えられます。

ビタミンB1が多い食材は、1位に枝豆、2位にニンニク、3位にモロヘイヤです。それから、脚気対策として使われた胚芽米ももちろん有用です。ビタミンB2は、モロヘイヤ、しそ、パセリに多いです。また、卵や納豆などもいいですね。

他のビタミンB群は、それぞれ「マグロ」「鳥レバー」「マグロの刺身」「牛乳」「小松菜」などがあげられます。ビオチンは牛のレバーから取り入れることができますが、通常の食生活の中で、1日の摂取量の目安はクリアできます。

関連記事

コメントは利用できません。